【保存版】肌がカサカサな人はこのサプリ!失敗しないサプリの選び方

肌 カサカサ サプリ

肌のカサカサの原因ってどんなものがあるでしょうか?

生活習慣やストレス、空気の乾燥など環境の問題などが挙げられますが、それに加えてサプリを併用すると効果が発揮される可能性が高いです。

この記事では、お肌のカサカサを食べ物やサプリ、乾燥対策で改善する方法を調べました。

肌のカサカサでお悩みの人におすすめのサプリがあるんです!

お肌のカサカサのようなトラブルを改善するにはスキンケア乾燥対策が有効なのはもちろんですが、サプリメントを併用することで更に効果を発揮する可能性が高くなります。

沢山の種類があるサプリメントの中でも、肌のカサカサで悩む人におすすめのサプリメントがあるんです。それはアレルナイトプラスというオリエンタルバイオという会社が取り扱っているサプリです。

肌がカサカサな人におすすめのサプリ「アレルナイトプラス」

アレルナイトプラスはアトピーや花粉症のかゆみや肌荒れでつらい思いをしている人のために開発されたサプリメントです。

オリエンタルバイオの公式サイトや@コスメなどの口コミでも、アレルナイトプラスで肌荒れのカサカサが改善し、化粧が楽しめるようになったり、おしゃれな服が着られるようになった!って喜んでいる方がたくさんいるんです。

アレルナイトプラスはお肌や健康に悩む人に開発されたサプリメントなので、アトピーや花粉症の症状がない人でも、お肌のトラブルで悩んでいる人にはおすすめです。

おススメの理由1:アレルナイトプラスで腸内環境が改善!免疫機能の正常化で健康な肌に生まれ変わる!

アレルナイトプラスの主成分、「植物性ラクトバチルス乳酸菌」

日本人が昔から食べてきた味噌や醤油、漬物などの発酵食品に入っている植物性乳酸菌が身体にいいことが分かっています。その中でも長年の研究と試験の中で効果の高かった植物性乳酸菌が、ラクトバチルス乳酸菌です。

乳酸菌は腸の中で環境を整え、免疫機能を改善する働きをします。免疫機能が改善することで、肌のカサカサや炎症などのトラブルが治まります。

おススメの理由2:お肌の健康に欠かせないビオチン+ビタミンB群が配合されています!

ビオチン+ビタミンB群はお肌の健康に欠かせない成分。不足すると皮膚や粘膜の健康に影響を及ぼします。

アレルナイトプラスを飲むだけで、ビオチン+ビタミンB群を必要分摂ることができます!

おススメの理由3:アレルナイトプラスでグッスリ眠れる!睡眠が改善されお肌もキレイに!

きちんと睡眠を取ることが健康はもちろん、お肌にもいいことは常識ですよね。

アレルナイトプラスはラフマ抽出物、ギャバ、グリシン、クワンソウ、バレリアン、アメリカジンセンといったどれも効果のある成分を6つも配合しているんです。

リラックス効果や安眠効果のあるこれらのハーブ成分が深い眠りに導いてくれます。

  • 睡眠中に、疲れた体や傷ついた細胞が修復されます。
  • 睡眠がしっかりとれればもちろんストレスも軽減されます。
  • カラダも心もスッキリして、そのうえお肌も生まれ変わります。

肌のカサカサや肌荒れで悩んでいるあなた、ちゃんと夜、気持ちよく眠れていますか?原因は、睡眠不足や睡眠の深さかも知れませんよ。

おススメの理由4:アレルナイトプラスが他のサプリメントよりおすすめな理由

お肌のカサカサなどの肌荒れのトラブル。いろんなサプリメントがありますが、アレルナイトプラスは日本人の体質に合わせた効果だけでなく、個人の体質による効き目の違いにも着目して作られているんです!

  1. 植物性ラクトバチルス乳酸菌が腸内環境を整え免疫機能を改善し、肌の炎症を抑え、健康な肌が作られる環境を整える
  2. 肌や粘膜の健康に欠かせないビオチンやビタミンB群が配合されている
  3. ハーブ成分(ラフマ抽出物、ギャバ、グリシン、クワンソウ、バレリアン、アメリカジンセン)で睡眠を改善し、リラックスと健康な肌作りを助ける

アレルナイトプラスはそれぞれ研究、試験を重ね、個々の体質差も考慮に入れて、複合的なアプローチで効果が得られるような配合になっています。

おススメの理由5:アレルナイトプラスの使用者の喜びや感謝の声がたくさん確認できる

肌がきれいになって化粧ノリが良くなった、薄着ができるようになりおしゃれが楽しくなった、肌のハリやツヤが良くなった…

など、アレルナイトプラスを実際に使用した人の喜びや感謝の声が実際にたくさん確認できます。いい口コミがたくさん寄せられていると、安心して試すことができますよね。

色々と述べてきましたが、実際に使用した方の満足の声がたくさんある、というのがアレルナイトプラスをおすすめする一番の理由です!

敏感・デリケートで悩む方へ「アレルナイトプラス」
体にやさしい植物性ラクトバチルス乳酸菌を主成分に、休息を導くラフマ葉抽出物、ギャバ、グリシン、クワンソウ、バレリアン、アメリカンジンセンを配合。さらにビオチンをはじめ、ビタミンB群もプラス。アレルギー特定原材料は使わず、やさしさに徹底的にこだわってできた製品です。

公式サイトを見る

肌がカサカサな人におすすめの効果が期待できるサプリの選び方

肌のカサカサを改善するのに、食べ物や普段の生活環境や習慣を変えていくのは大変。そこで足りない栄養や成分をサプリメントで補うことも大事です。

でも、「肌荒れを治す」サプリというものは販売されていません。なので肌がカサカサで悩んでいる人がどんなサプリメントを選べばいいか、サプリメントの選び方をお伝えします。

必要な栄養素はこれ!症状や生活習慣に合わせてサプリを選ぶ

肌荒れでカサカサした肌を潤いやツヤのある肌にするために効果がある栄養素の中で、主なものを紹介します。

その栄養素が身体の中から足りなくなったとき、どんなトラブルが起こるのか?あなたのお肌の状態や生活の状態を照らし合わせてみましょう。

不足しやすい「ビタミン」は、マルチビタミンサプリなどで摂りましょう!

食生活が乱れると不足しがちになるのがビタミン。

ちゃんと野菜を食べていますか?野菜をあまり食べない人、野菜が嫌いな人はビタミンが不足しがち。

ビタミン不足のトラブルは肌荒れに限定されませんが、普段の食生活で現代人はビタミン不足になりがちです。ビタミン不足が原因で起こるお肌のトラブルとして考えられるのは、お肌の乾燥やニキビの原因などがあります。

肌の健康にかかわるビタミンはビタミンA、ビタミンB、ビタミンCなどです。

  • ビタミンAは肌の健康や肌づくりを助ける役目をします。ビタミンAが不足すると角質層内にある水分が足りなくなり乾燥を引き起こします。
  • ビタミンB群も肌の健康や粘膜の健康の維持に貢献しています。ビタミンB群が足りなくなるとニキビや乾燥の原因になります。
  • ビタミンCは、コラーゲンを作るのに欠かせません。たばこを吸う人は、ビタミンCが不足しやすくなります。ビタミンCが足りなくなると新陳代謝も乱れがちになります。

それぞれ単体のビタミンを補給できるサプリメントがありますが、どのビタミンが不足しているかは、なかなか分かりにくいものです。

なので、もしビタミンが足りないな…と思ったら、マルチビタミンサプリでバランスよくビタミンを取ってみましょう!

ダイエット中やお酒が好きな方は、「亜鉛」を摂るようにしましょう!

ダイエットをしている、またはお酒が好き、という人は、ミネラルが不足し、それがお肌のカサカサの原因になっている可能性があります。

そんなあなたには、亜鉛を補うサプリをおすすめします。

亜鉛は肌だけでなく、爪や髪の毛の健康維持に欠かせないミネラル成分です。亜鉛が足りなくなると、肌荒れだけでなく、抜け毛の原因にもなります。

ちゃんとした食事をしていれば不足することのない栄養素ですが、ダイエットで食事を制限している場合は要注意です。またお酒を体内で分解するのに亜鉛が消費されるため、お酒を飲む人も亜鉛不足になることがあります。

ニキビができやすいなら、「必須脂肪酸」がバランスよく配合されたアプリを選びましょう!

必須脂肪酸はオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸などがありますが、ニキビがなかなか治らない人や、食事に偏りがある人は、必須脂肪酸が摂れるサプリがおすすめ。

肌の代謝の仕組みを「肌のターンオーバー」と言いますが、肌のターンオーバーが乱れると、肌づくりが正しく行われなくなります。

必須脂肪酸は体内で作ることができません。魚や植物油などに含まれます。

オメガ3脂肪酸には抗炎作用もあります。ニキビがなかなか治らないときはオメガ3脂肪酸が摂れるサプリメントをおすすめします。ただし摂取にはバランスが大切。決められた用量は必ず守るようにしてください。

更年期や生理不順からくる肌荒れには、大豆イソフラボンイソフラボンやエクオールを摂りましょう!

女性ホルモンの乱れにより更年期や生理不順から肌が不調になっている場合は、大豆イソフラボンやエクオールのサプリをおすすめします。

大豆イソフラボンにはアンチエイジングや美肌効果があるといわれてきましたが、これは大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをするためです。

最近、大豆イソフラボンの摂取で作り出される「エクオール」という成分が、女性ホルモンに似た働きをすることが判明してきました。このエクオールは、大豆イソフラボンを摂取した人のうち約50パーセント、つまり2人に1人しか体内で作ることができないようです。

もし大豆イソフラボンサプリで効果が感じられない場合は、エクオールに変換されているサプリを選びましょう。

「乳酸菌」で腸内環境を改善していくのも有効な方法です!

腸内の状態が悪いと肌荒れやカサカサの原因になることがあります。

便秘に悩む女性は多いですが、乳酸菌入りのサプリで腸内環境を整るのも一つの手です。

腸の状態が良くなると便秘だけでなくいろんなトラブルが改善されます。腸は身体全体の健康につながっています。腸内環境が悪くなると肌荒れやニキビの原因になります。また腸内環境の悪化でめまいや吐き気の原因にもなります。

アレルナイトプラスの公式HPをチェックする >>

「栄養機能食品」「機能性表示食品」は安全なサプリを選ぶ基準

栄養機能食品

ラベルに「栄養機能食品」、「機能性表示食品」と書かれているものは、安全なサプリを選ぶ基準として参考になります。

栄養機能食品は、国が定めた表現でビタミンやミネラルといった指定の栄養成分の働きを具体的に表示できます。

例えば、「ビタミンAは肌の健康や肌づくりを助ける役目をします」といったような感じの文章です。

機能性表示食品は、「健康に効果がある」と科学的な根拠に基づいてはっきりとした機能が表示されている食品です。

例えば、「おなかの調子を整えます」とか「お通じをよくします」というような感じの文章です。

1日の摂取量や用法もきちんと載っているので、足りない栄養素を補いやすいでしょう。ただサプリメントは足りないものを補い健康を助けるものであって、症状を治す薬品とは違うため、効果を保証するものではありません。

その点を理解したうえで、健康に役立ててくださいね。

肌荒れ改善には「継続していくことが大切」、なので続けやすいものを選ぶ

様々なサプリメントがありますが、大事なことは、継続することです。

サプリメントは健康や身体の機能やバランスを整えるのを助けるものであって、即効性はあまり期待できません。

自分に合ったものを毎日続けていくことが大事なのは言うまでもありません。そのためには無理をせず続けられるものを選ぶことが大事です。

自分に足りないものが補えて、無理をせずに続けられるもの…値段ももちろんですが、自分の体質に合った、調子が良くなることを実感できるものを納得して選ぶことが大事。

宣伝文句に振り回されることなく、きちんと情報を確認したうえで、自分の体質や体調も確認しながら納得できるものを選んでくださいね。

肌がカサカサになる5つの原因とは?

肌がカサカサになる原因を5つ挙げました。

  1. 肌がカサカサになる原因となる体内の毒素を体の外に出すにはどうすればいい?
  2. メイクアイテムが汚れているとお肌のトラブルの原因になります。きちんとお手入れしてますか?
  3. コスメにも使用期限があります。開封後は早く使い切りましょう!
  4. 空気中に漂う有害物質がお肌に残っていると肌トラブルや老化の原因に?きちんと汚れを落としましょう!
  5. 肌の摩擦や乾燥、紫外線からお肌を守るにはどうすればいい?

原因1:毒素が溜まると肌トラブルが起きやすい

普段の食事で普通にとっている食べ物の中には脂質やいろんな添加物が入っています。そんな脂質や添加物が体内に毒素として溜まっていきます。

毒素の種類には様々な種類があります。食品に含まれるものだけでなく、水道水に含まれるものや、空気の中、雨や自動車の排気ガス、紫外線やタバコの煙など、日常生活の中であらゆるところにあります。

水や食べ物、空気、日常の環境の中で毒素をさけて生活するのは不可能かもしれません。

だからと言って神経質になる必要もありません。ちょっとした意識をするだけで、毒素が溜まりにくい体を作ることができます。

体のデトックスは重要なポイント

デトックス

毒素が溜まりにくい体を作ることを心がければ、便秘や肌のカサカサ、くすみやシミといった肌のトラブルも防げます。それにむくみや冷え性といったトラブルだって回避できます。

毒素が溜まりにくい体づくりを心がけ、ばお肌のカサカサに代表される肌トラブルだけでなく、いろんな体の不調を避けることができます。

「体のデトックス」というと難しく聞こえるかもしれませんが、自宅で簡単にできるものもあるので試してください。

一番簡単なデトックスは、「お風呂に入る」こと。

お風呂に入り体温が上がると代謝が良くなるからです。

他にも、普段の食事をスムージーなどに置き換えたりプチ断食をして胃腸を休めることで内蔵の機能を回復させるのもデトックスになりますよ。

デトックス効果がある食材5選

では、デトックス効果のある食べ物って、どんなものがあるでしょう?

おすすめはリンゴ、キウイ、ニンジン、アボカド、納豆です。

  • リンゴ
    リンゴの食物繊維は水溶性で腸の働きを良くします。それにリンゴの皮にはポリフェノールがたくさん含まれています。
    ポリフェノールには紫外線が原因で起きるシミやそばかすを防ぐ効果がありますが、抗酸化作用が強いからです。
    リンゴはデトックス効果もあって、しかもお肌にもいいんです!
  • キウイ
    キウイにはカリウムがたくさん入っています。カリウムがむくみを解消してくれます。キウイにはビタミンCが豊富ですが、ビタミンCには美肌効果だけでなく、細菌への抵抗力を高める効果もあるんですよ。
    活性酸素は老化の原因にもなりますが、ビタミンCはこれを体外に出す働きもします。肌のカサカサだけでなく、肌の衰えが気になっている人におすすめなのがキウイです。
    ちなみにゴールドキウイはグリーンキウイと比べると、ビタミンCがより多く入っているため、ゴールドキウイがよりおすすめですよ。
  • ニンジン
    ビタミンAが不足すると、肌が乾燥しやすくカサカサしたり、口内炎になりやすくなります。またビタミンAは肌や粘膜の健康を良くする効果だけでなく、肌の老化防止効果もあります。そのため、美容や健康のためにニンジンが重宝されています。
    ニンジンに含まれるβカロチンは、体の中でビタミンAに変わります。
  • アボカド
    アボカドは肝臓の機能の疲労回復を促し解毒作用を高めるグルタチオンが豊富。また食物繊維も豊富なため便秘解消にもおすすめ。
    美肌効果で有名なアボカドですが、デトックス効果にも優れているんです。
  • 納豆
    日本では昔から親しみのある納豆。発酵食品の代名詞といってもいいくらいですよね。納豆には腸内環境を整える働きがあります。またコレステロール値を下げる働きもします。
    キウイと同様、カリウムもたくさん入っていてむくみを減らす役割もしてくれます。

デトックス効果のある飲み物3選

デトックス効果のある飲み物として3つ、緑茶、タンポポコーヒー、ルイボスティーを紹介します!

  • 緑茶
    緑茶に含まれるカテキンやポリフェノール。これまで何度となく登場したポリフェノールですが、抗酸化作用が強くお肌の新陳代謝もよくしてくれます。
    またカテキンには解毒作用だけでなく腸を整える作用もあります。便秘に悩む方は緑茶を飲んでみてはいかがでしょうか。
  • タンポポコーヒー※1
    タンポポコーヒーはカフェインが入っていないのに、利尿作用は普通のコーヒーと同様あるため、むくみを気にしている方におすすめです。
    妊婦さんに人気のタンポポコーヒーですが、デトックス効果も抜群です!
  • ルイボスティー
    ルイボスティーもノンカフェイン飲料として妊婦や子供でも普通に飲める!ということで話題になりました。ルイボスティーは、老廃物や毒素をだす働きがあるとされるSOD酵素が入っています。
    このSOD酵素にもポリフェノール同様、抗酸化作用があり、肌の老化防止や新陳代謝アップを高める作用があります。
MEMO
※1タンポポコーヒーとは:名前に「コーヒー」と付いているが、コーヒー豆は使用されていない。タンポポにはクロロゲン酸化合物が含まれており、風味や飲み口はコーヒー豆で作ったコーヒーに近い。カフェインを含まず、不眠症患者や子供、妊娠・授乳期の女性でも飲用できる。また、二日酔いや肝臓、便秘に良いともいわれる。 引用:Wikipedia

原因2:メイクアイテム(メイクブラシ)の汚れ

メイクブラシはとても繊細です。ちゃんとお手入れしていますか?

メイクブラシは手入れ方法を間違えるとブラシの毛を傷めたり、毛の部分にたまった見えない汚れで肌にダメージを与えることもあります。

メイクブラシのお手入れをきちんと行いましょう。

メイクブラシのお手入れ4つのポイント

ポイント1
使った後は毎回、粉を落とそう
メイクブラシを使用した後、ちゃんと粉を落としてからしまってますか?

筆に残った粉をそのままにしないのが、メイクブラシをキレイに保つコツです。

毛足が長い筆は手のひらで少し強めにはたきましょう。それで落ち切らない場合は、机の上においたティッシュの上で滑らせるように拭き取ればOK。

注意
強くこするとブラシの毛を傷め、毛が切れてしまうので注意。
ポイント2
洗うときは40度くらいのお湯と無香料のせっけんを使う
メイクブラシの質を保つのに洗い方も重要。

ニオイがしたり毛ダマができているのを見つけたら40度くらいのお湯でメイクブラシを洗いましょう。お湯で洗うと筆についた油分が落ちやすくなりますよ。

容器の中で筆の毛をお湯になじませ、せっけんを使い根元から毛の先端に向けて押しだすように洗ってください。このとき、余分な成分が入っていない無香料のせっけんを使うのがポイントです。

アルコールなどの溶剤が入っているせっけんを使用すると毛が傷んでしまい、毛が切れやすくなりやすくなります。また柔軟剤やリンスを使うと筆から粉が離れにくくなり、顔に粉が付きにくくなります。

ポイント3
乾かすときはくしでとかし、水気をしっかりとろう
洗ったらすぐに乾かす準備をしてください。つけ置き洗いは絶対にしないでください!穂先の脱落や毛の色落ちや傷みの原因になるからです。

根元から穂先へ丁寧にくしでとかしてください。筆を回しながら均一になるようにとかしましょう。

後はタオルなどで押さえながら水分を取り、筆の形を指先で整えで、陰干しします。

日光を直接あてたりドライヤーを使うのはやめましょう。日光を直接あてたりドライヤーを使うと、毛が弱くなるからです。

ポイント4
交換は3~5年が目安。「毎日使う」ことが大切
使用頻度や毛の種類で異なりはしますが、交換の目安は3~5年

お気に入りに物はずっと使いたいものですが、毛がすり減り粉の含みやタッチが悪くなってきたら交換しましょう。また、一度使った筆を途中で使わず長い間放置すると、毛が劣化し切れてしまいます。

毎日筆を使うことが長持ちさせるコツです。

原因3:使用期限が過ぎたコスメを使っている

コスメの使用期限はあまり気にしない人も多いのでは?でも、使用期限が過ぎたコスメはお肌によくありません。気を付けましょう!

コスメは一度開封すると空気が入り込み、酸化が進行するの知ってました?

コスメは開封すると酸化が進みやすくなるため、なるべく早く使い切るようにしましょう。特に空気が触れやすい容器タイプのものや、リキッド状のコスメは特に酸化になるのや品質が劣化するのが一般的に早いため、注意が必要です

目安としてマスカラは3か月、口紅やアイシャドウ、マニキュアは1年以内に使い切りたいところ。

またファンデーションは容器や形状によります。チューブタイプのものは1年、ジャータイプのような空気が触れやすい容器のものは半年以内に使い切るのがいいですよ。

化粧品は薬事法などの制限を受けていますが、これは安全や品質を保つためです。

使用期限が書かれていない場合は未開封のものは3年、開封済みのものは1年以内に使ってください。

ただしこれは、ちゃんと適切な環境で保管されていた場合は、です!

特に注意が必要なのは、オーガニックや無添加をうたっている場合です。なぜならそういう商品は保存料や防腐剤が普通より少なめの場合があるからです。

また、商品によっては品質が劣化したり変質が早いものもあるため、使用期限はコスメを買う前に気を付けたいところです。

原因4:肌の汚れを完全に落としていない

空気中には様々な有害物質が浮いています。花粉やタバコの煙、排気ガスに紫外線。それに最近ではPM2.5や黄砂など、お肌にも悪い物質がたくさん。

有害物質がお肌に残っていると、お肌のトラブルの原因になります。それだけでなくお肌の老化を早める危険もあるので注意が必要です。

原因5:肌の摩擦や乾燥、紫外線

洗顔の時、肌をこすると肌の表面を傷つけることに。

お肌を乾燥から守るためには、スキンケアを。紫外線対策にはUVケアを。

それぞれ対策を怠らないようにしましょう。

お肌の基本ケアは、清潔、乾燥、紫外線対策の3つ

紫外線対策

お肌ケアの基本は、清潔、乾燥、紫外線対策の3つです。

お肌を清潔に保つことは大事ですが、摩擦で肌の表面を傷つけると肌のカサカサやシミの原因になります。洗顔の時は優しく泡で洗うようにしましょう。

洗顔料はクレンジングオイルがおすすめです。油分がいい感じで入っていて、有効成分も入っているからです。

また化粧水は手で付けましょう。コットンで強くパッティングすると肌を傷める可能性があります。たしかにコットンパッティングは保湿性の向上と血行の改善などの効果があることが実証されています。しかしどんなにやさしくてパッティングを行っても肌に生じる摩擦が肌を傷つける可能性があります。

また、血行促進はたとえばオイルマッサージや顔面体操などでも効果が得られ、あえて肌が傷つく可能性のあるパッティングをする必要性がないといえます。スキンケアはなるべくシンプルに、優しく行いましょう。

セラミド配合の美容液や、コラーゲンをつくるビタミンC誘導体やレチノールが配合された美容液は肌の乾燥のケアに有効です。

肌のカサカサで気になる人はそういった美容液を使うのもおすすめです。

紫外線対策は、オールシーズン行いましょう。UV対策のなされた基礎化粧品だけでなく、持続効果の高い日焼け止めを使用しましょう。

日焼け止めや化粧の塗り直しをこまめに行うのも有効です。

乾燥からくる肌のかゆみ対策は何をすればいい?

肌のかゆみの原因として代表的なものに乾燥肌があります。乾燥からくる肌のかゆみには低刺激性のコスメで保湿するのがおすすめ。

乾燥肌のかゆみには低刺激性コスメで保湿

肌がかゆくなるというのは、肌が炎症を起こしている証拠です。そのためそんな時はコスメも低刺激性のものに変えましょう。

炎症を起こしているお肌をやさしく穏やかにケアしてあげることが大切です。

最悪、肌がカサカサになってしまった時のお手入れ方法は

最悪にも肌がカサカサになってしまったら、どのようにお手入れをすればいいでしょうか?

これまで見てきた食べ物やお肌のお手入れ方法を試していただきたいところではありますが、気持ちとしては慌てたり落ち込んだりせずに、自分自身をいたわってあげることが大事です。

お肌にも自分にも優しく手入れをし、いたわってあげること。そしてできるだけゆっくり休むことが大事です。

つまり、まずはキチンとケアしてあげる気持ちと行動が何より大事だということです。

今までやっていなかったこと、気づかなかったこと、見落としていたことに目を向けるチャンス。できることから何かやってみましょう。

肌がカサカサになってしまった時のお手入れ方法1:洗顔

肌が乾燥している人が気を付けたいポイントのひとつが、洗顔です。もしかしたら間違った洗顔方法が原因で肌がカサカサしてしまっているのかもしれません。

キチンと保湿のケアをしているのに肌がカサカサし、カサカサの状態が改善しないときは洗顔方法を見直しましょう。

肌の代謝が落ちると顔に角質がたまり、表面がざらざらして乾燥した状態になります。そんな時はつい顔をゴシゴシとこすりたくなりますが、こすりすぎると肌が傷つきダメージが広がります。

クレンジングを刺激が弱いものに替え、優しく洗うようにしましょう。

肌がカサカサになってしまった時のお手入れ方法2:入浴時と朝の洗顔

もしかしてあなたは入浴時に化粧落としや洗顔をしていませんか?実はこれがお肌のカサカサの乾燥肌の原因になっていることがあります。

お風呂に入る前やお風呂に入っている最中は、肌に必要な皮脂まで奪われて乾燥しやすいんです。またお風呂のお湯は温まるために40度くらいに設定されていますが、熱いお湯は皮膚に必要な皮脂までとかします。

メイク落としは入浴後にしたほうがお肌にはいいんです。

ただ肌が気持ち悪いから入浴中にどうしてもメイクを落としたいときは以下のことを守ってください。

  • 入浴前にスキンケアをする
  • 顔を洗うお湯は22~30度くらいのぬるめにする
  • お風呂で洗顔したときは必ず保湿ケアもする
  • 水圧で必要な角質までおちるためシャワーは直接顔に当てない

それから、肌がカサカサ乾燥しているとき、入浴時や洗顔時に大事なことは入浴や洗顔後の保湿です。

カサカサ乾燥しているのは、肌に水分や油分が足りていないから。

  • 化粧水を手で押さえ両手で温めるようにして顔全体になじませる
  • とくにカサカサが気になる部分にさらに化粧水を手でなじませる
  • さらに両手で優しく顔を押さえながらやさしくなじませる

水分をなじませ浸透させることが大事です。水分で保湿したら、次に油分を肌に補給しましょう。「油分」といってもクリーム、乳液、オイル、いろんなものがあります。

いろいろ試してみて、質感や手触り、塗った時の感覚などを確かめながら、自分に合ったものを選ぶのがなにより大事。

面倒に感じるかもしれませんが、このひと手間だけでも肌の状態は変わってきます。

まとめ

お肌がカサカサして悩んでいる方に試してほしいサプリはアレルナイトプラスですが、サプリだけでなく、お肌のケアや化粧道具の手入れなど、改善できることは結構あることがお分かりいただけたと思います。

具体的な対策はいろいろありますが、自分に、そして自分のお肌にやさしくいたわりをもってケアしてあげる気持ちと行動が何より大切だと思います。お肌にも自分にもうるおいを取り戻し、ハリのある楽しい毎日が過ごしていきましょう!


敏感・デリケートで悩む方へ「アレルナイトプラス」
体にやさしい植物性ラクトバチルス乳酸菌を主成分に、休息を導くラフマ葉抽出物、ギャバ、グリシン、クワンソウ、バレリアン、アメリカンジンセンを配合。さらにビオチンをはじめ、ビタミンB群もプラス。アレルギー特定原材料は使わず、やさしさに徹底的にこだわってできた製品です。

公式サイトを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です